【お知らせ】12/6(日)大江戸骨董市有楽町に出店いたします

サハラ 古代の石の装身具

¥ 50 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Smart-Letter

    This shipping method cannot have the delivery status and guarantee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 200JPY
Report

素材:サハラストーン

サイズ・重さ:
1.ベージュ 約 W 3.5cm H 3.8cm D 0.7cm 12.1g
2.グレー 約 W 3.6 cm H 6cm D 1cm 22.7g

原産国:ニジェール
送料:スマートレター(ポスト投函)

サハラ砂漠にかつて住んでいた人の石の装身具・道具です。

サハラ砂漠は、古代壁画に描かれているように、約1万-5千年頃には植物が育ち、人や動物も住んでいた土地でした。
その後、地球の大きな気候変動により、数千年の間にサハラ一帯が砂漠化したといわれ、そこに住んでいた様々な民族は、動植物が育つ北や南の地に移動したといわれます。

こちらの石は、その時の人たちのものといわれています。

1.は貨幣のような雰囲気もあります。(サハラの石の貨幣はもっと大きいものもあります。)
質感はマットで風化した感じがあり、触るとしっとりと、そして少しざらっとした感触があります。色は砂漠の砂のような、まだらのベージュで、なかなか綺麗です。

2.のグレーは、ナイフのような感じもあります。石を研磨した感じもあり、比較的つるっとしています。また端はギザギザした痕が入っており、ナイフのような道具として使ったのでしょうか。革紐などを通して、ペンダントとして使えそうです。

タイプは違いますが、どちらも美しく、古代の人を思い起こさせるサハラの贈り物のようです。


▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。
http://colophon.jp/contact/





古代の壁画

サハラの砂漠化以前・以後 スライド

緑がある頃のサハラ

緑がある頃のサハラ

砂漠化したサハラ

砂漠化したサハラ

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク