トァレグの職人が作る、シルバーピアス

¥ 9,500

*This item will be delivered on 10/2(Fri) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    メールにて配送方法をお知らせいたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
Report

トァレグ職人のシルバーと黒檀のピアスです。silver&ebony Erring made by Nigerian Tuareg

素材:silver  ebony(黒檀)
ピアスサイズ約: 直径3cm  
重さ約:片耳 1.7g
原産国:ブルキナファソ
送料:国内無料 
包装:ボックス付き

トゥアレグ職人(イナダン)が作るシルバーと黒檀のフープ状のピアスです。
先端のシルバーと黒檀がミルフィーユ状に重ねられており、すべて手作業で丁寧に作られています。特に、このように滑らかにしていく研磨の作業には時間がかかります。
こちらのピアスは、最後の画像のトゥアレグのtizabatenと呼ばれる、伝統的なピアスがモチーフになっています。
こちらは現地でオーダーしてシルバーに作り変えているもので、比較的シルバーの純度が高く柔らかいです。

※多少のキズ・くすみなどの箇所・一つ一つ個体差があります。それも手仕事の風合いとしてお楽しみ頂けたらと思います。


▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。
http://colophon.jp/contact/



トゥアレグの人々とは

サハラ砂漠の周辺に暮らすベルベル由来の民族で、現在ではニジェール・マリ・アルジェリア・モーリタニなどにまたがっています。
トゥアレグ族はサハラ砂漠で交易を行う生業、全身に青い布の衣装・銀の細工を施した装身具・皮の装飾品を身に着ける文化などが有名で、ギリシアのヘロドトスの書にもその存在が記されています。
また複雑な階級を持つ社会で、自分たちが身に着ける装身具は血族ごとに代々受け継がれるデザインも多くバリエーションが豊富です。
装身具のデザインは目的に応じたある程度決まったパターンがあり、銀に施されるモチーフには象徴的な意味のあるものも多いです。
広大なサハラを行きかう交易を古来より生業にしていたためか、デザインやモチーフには方角・位置・道しるべあらわすもの多いです。

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク