モシ&フラフラ 薄藍布バスケット

¥ 14,000

*This item will be delivered on 10/6(Tue) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便 中型(3辺100cmまで)

    3辺合計が100cmまで、10kg 以内の配送

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,000JPY
    • Tohoku

      • Aomori 800JPY
      • Iwate 800JPY
      • Miyagi 800JPY
      • Akita 800JPY
      • Yamagata 800JPY
      • Fukushima 800JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 650JPY
      • Tochigi 650JPY
      • Gumma 650JPY
      • Saitama 650JPY
      • Chiba 650JPY
      • Tokyo 650JPY
      • Kanagawa 650JPY
      • Yamanashi 650JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 650JPY
      • Nagano 650JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 650JPY
      • Ishikawa 650JPY
      • Fukui 650JPY
    • Tokai

      • Gifu 650JPY
      • Shizuoka 650JPY
      • Aichi 650JPY
      • Mie 650JPY
    • Kinki

      • Shiga 800JPY
      • Kyoto 800JPY
      • Osaka 800JPY
      • Hyogo 800JPY
      • Nara 800JPY
      • Wakayama 800JPY
    • Chugoku

      • Tottori 800JPY
      • Shimane 800JPY
      • Okayama 800JPY
      • Hiroshima 800JPY
      • Yamaguchi 800JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,000JPY
      • Kagawa 1,000JPY
      • Ehime 1,000JPY
      • Kochi 1,000JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,000JPY
      • Saga 1,000JPY
      • Nagasaki 1,000JPY
      • Kumamoto 1,000JPY
      • Oita 1,000JPY
      • Miyazaki 1,000JPY
      • Kagoshima 1,000JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,300JPY
Report

モシ 薄藍布 編み込みバスケット

サイズ約:W 37cm ×H 35cm × D20cm (籠だけH 20cm 取ってH15cm)
素材:綿 水草 皮
原産国:ブルキナファソ BurkinaFaso
送料:国内無料


こちらのバスケットは、ブルキナファソのモシの人による、手紬手織りで作られたビンテージの藍布と一緒に、ガーナ北部のフラフラの人々(グルンシの一派)によって、ボルガタンガで編まれたバスケットです。

モシのビンテージ藍布はもともと体に巻き付ける布で、手紬手織りのとても良い布なのですが、使っていたものなので所々穴や切れてしまっているものも多いです。
もともとフラフラの人達は、ボルガタンガで伝統的に水草で編む軽くて丈夫なバスケットを作っていましたが、
こちらのバスケットは、そういったモシのダメージのある布をアップサイクルに仕立てた手仕事コラボの籠です。

全て手仕事でつくられるので、布の色味や表情、籠の形が一点一点違います。
こちらはかなり使い込んで色が落ちした藍染の布を編み込んでいます。
白に近い淡い水色が涼し気なイメージで、お出かけ用でも、インテリアとしても重宝する籠です。こちらは水草の巻き取っ手で、太さも丁度よく掴み易いです。


▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。
http://colophon.jp/contact/

ボルガタンガのフラフラ人、伝統楽器を使うアーティスト King Ayisoba

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク