【展示会のお知らせ】10/22(木)~26(月)13時-19時 eofmLAVOLATORY (大塚)

トゥアレグ ウエディングペンダントのネックレス ラピス

¥ 50 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    メールにて配送方法をお知らせいたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
Report

トゥアレグ オールドウエディングペンダントのネックレス
素材:オールドシルバー・ラフカットラピスラズリ・シルバー
サイズ約:40cm アジャスター5cm
重さ約:8.4g
配送:国内送料無料(ポスト投函)

こちらはトゥアレグ女性が結婚式の時に身に着けるネックレスのペンダントを使用し、1トップのネックレスに仕立てています。こちらのペンダントは一つ一つ鋳造してある一点もので、全て柄や形が違います。
元々斜めの線が交差す黒い線だったと思いますが、経年変化で擦れ、柔らかくトロっとした質感、ある程度の時代を感じます。
トゥアレグシルバーは繊細な作りが多いのですが、こちらのトップは珍しいもので、地域によってはこのようなプリミティブなものも少数存在します。

ネックレスはアフガニスタンのラフカットラピスラズリのビーズを使用しています。少しかすれた色で、オールドシルバーのペンダントに落ち着いた色を添えました。
鈍く輝くトゥアレグのウェディングペンダントが主役になるように、小さなシルバービーズを入れポイントをつけています。

※金具は無垢のシルバーを使用しています。今は新しいので輝いていますが、無垢のシルバーは比較的早く酸化していくので、自然にペンダントの色と馴染んできます。

▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。
http://colophon.jp/contact/



トゥアレグ族はサハラ砂漠で交易を行う生業、全身に青い布の衣装・銀の細工を施した装身具・皮の装飾品を身に着ける文化などが有名です。
また複雑な階級を持つ社会で、自分たちが身に着ける装身具は血族ごとに代々受け継がれるデザインも多くバリエーションが豊富です。
装身具のデザインは目的に応じたある程度決まったパターンがあり、銀に施されるモチーフには象徴的な意味のあるものも多いです。
広大なサハラを行きかう交易を古来より生業にしていたためか、デザインやモチーフには方角・位置・道しるべあらわすもの多いです。

↓トゥアレグシルバーのモチーフの意味に関してはこちらブログ記事を見てみてください。↓
http://colophon.jp/%e3%83%88%e3%82%a5%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e6%97%8f%e3%81%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%

トゥアレグの金属彫刻 Tuareg engraving

トゥアレグの金属への彫刻が見られる動画です。手元がよく映っていてどうように作られているのかよくわかります。この動画は、おそらく、ニアメのアルチザンエリアでの撮影だと思います。
『source:Toolbox Initiative time: 2:31』
道具や寄付などの支援をアフリカの職人に行っている、アメリカの慈善団体の動画です。

トゥアレグのウェディングネックレス

こちらは現代作られているトゥアレグのウェディングネックレスです。
ペンダントの形はイチョウ型など地域によって様々ですが、写真のように、小さいトップを囲うように通すタイプが伝統的な形です。

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク