【お知らせ】12/6(日)大江戸骨董市有楽町に出店いたします

ロビ 護符のペンダント 鐙

¥ 50 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    メールにて配送方法をお知らせいたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
Report

ブルキナファソ ロビ 護符ペンダント

素材:ブロンズ
サイズ:約5.5×9cm (リング部含む)
重さ:約48.5g
原産国:ブルキナファソ
送料:国内無料(ポスト投函)

このペンダントは馬の鐙(あぶみ)が基になった形で、四角の囲いが基本のデザインです。
騎馬で侵攻してくる人から身を守る意味が込められたペンダントで、シャーマンに祈祷してもらい、外敵除けの護符とされました。
ロビはブルキナファソの南西部に住む人々で、独自の伝統に保守的な民族といわれます。
豊穣や幸せを祈願するものから、病気・厄災・外敵身を守る護符も多く作られました。

こちらは金属が全体的につるっとしており、表は照りがありますが裏は少しマットな質感です。ブロンズに箇所箇所で薄く青緑が乗った色味で、裏は白みが強くなっています。
厚みは1mm程度で、リングの部分が後ろに反っています。
丸・四角・三角のシンプルな組みあわせのペンダントですが、見方によっては具象的にもみえる奥行きのあるデザインのように思います。

こちらは紐は付いていませんが、革紐と組み合わせてネックレスやチャームにもなりそうです。

※参考写真 ANDRE BLANDIN『BRONZ ET AUTRES ALLIAGES』

▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。
http://colophon.jp/contact/

ロビの村の風景 コートジボワール Lobi people of Ivory Coast

ロビの人々はブルキナファソ南西部からコートジボワール北東部にかけて住んでいます。
元々ガーナの北部に住んでいましたが、様々な侵攻・迫害から逃れるため、ブルキナファソ→コートジボワール→再びブルキナファソに戻ってきたりしました。
近隣の様々な民族の人たちの中でも、特に伝統的な生活や風習を頑なに守る人々として知られています。
ロビのコミュニティーは王国や村の長老会のような中央主権的な政治システムがあまりなく、占い師などにより物事の決定や道徳の規範が決められました。
そのためなのか、古来よりロビの人々に信仰されている精神世界を具現化した木彫品や護符(お守り)などが多く残っています。

こちらはは村の風景の動画ですが、後半は家の中の祭壇なども映っています。
「source:New Atlantis Tribes time:2:07」

ロビ村があるエリア1

ロビ村があるエリア1

ロビ村があるエリア2

ロビ村があるエリア2

更にロビカルチャーを紹介した、 colophon folk artのtoriviaのページはこちら

http://colophon.jp/%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%a2/%e3%83%ad%e3%83%93%e3%80%80lobi/

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク