アカン 砂金用の分銅  | colophon folk art

1/6

アカン 砂金用の分銅 

¥ 16,000 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

ガーナ アカン分銅

西アフリカートジボワールからガーナにかけて居住するアカン民族は、15C-20Cにかけて金の交易が盛んに行いました。こちらのスプーンはその時代、砂金を測るために使われた分銅です。
砂金の重さを天秤で量る時、片方に分銅・もう片方に砂金を乗せました。
当時の西アフリカでは砂金は通貨のように扱われ、その指標となる分銅はが沢山作られました。

こちらは年長者や知識や知恵を表す渦とツイストの重なったモチーフで、サイドに穴も開いているペンダントタイプの物です。
少しいびつさの残る古いブロンズに、緑青が乗った古手ものものです。

素材:ブロンズ
サイズ約:W3.3cm H5cm D 0.2~0.7cm
重さ約:13g
原産国:ガーナ
送料:国内無料(ポスト投函)


▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。
http://colophon.jp/contact/

Add to Like via app
  • Reviews

    (2)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 16,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品