アカン 砂金交易の分銅 アンテロープ

¥50 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    メールにて配送方法をお知らせいたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥0
Request restock notification

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

Report

ガーナ アカンの砂金交易に使われた分銅  アンテロープ

西アフリカートジボワールからガーナにかけて居住するアカン民族は、15~20世紀にかけて金の交易を盛んに行いました。こちらのは当時、砂金の重さを天秤で量る時に使われた分銅です。
当時の西アフリカでは砂金は通貨のように扱われ、その指標となる分銅はが沢山作られました。
中でもアカン民族の分銅の種類は多岐にわたり、アカンの文化や宗教・ことわざや格言・動植物などを表す多種多様な形が作られました。アカンの男性社会では、砂金交易道具(天秤・スプーン・分銅)は身分や階級を表すステイタスとしての役割もありました。

こちらは17~18世紀頃の動物(アンテロープ)がモチーフの分銅で、ロストワックスで作られています。
アカンの分銅の古いものは銅色(赤みのある色)に変化しているものも多く、深みのある色で、表面はかなり照りが出ている感じです。
左の後ろ脚が欠けており、自立はしませんが、小さい消しゴムやテープを丸めたものをかませて頂ければ簡単に立ちます。(写真はテープを丸めたものを挟んでします)

角と胴体が付いているので、革紐などを通してペンダントにも出来そうですが、古いものなで破損の可能性もあるので鑑賞がおすすめです。
小さいながら角の捻じりが立派で、顔の表情はとても愛らしいです。
具象の動物の分銅は数も少なく、このアンテロープは繊細で珍しいフォルムです。
配送:クリックポスト(ポスト投函)

素材:ブロンズ
サイズ:約 W3cm H2.5 cm D 1cm
重さ:12.1g
原産国:ガーナ



▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。
http://colophon.jp/contact/

Reviews of this shop

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク