エチオピアクロス アクスム 

¥50 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    メールにて配送方法をお知らせいたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥0
Request restock notification

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

Report

エチオピアンクロス ビンテージシルバーペンダント 

こちらはエチオピア正教(エチオピアで発展したキリスト教)のペンダントクロスで、クロスの中の細かい彫刻が特徴です
エチオピア正教のペンダントは様々なかたちがありますが、基本的には地域の所属する教会ごとにデザインが違います。

こちらのペンダントはアクスムのデザインです。
サイズも大き目でほど良い厚みもあり、均整で細かい彫刻、そして全体的に金属の角がとれているペンダントで、胸に当てた時も身体との馴染みも良いです。
柄は中央のエンドレスノットの彫刻も華麗に彫られており、所々縄文が擦れて見え隠れしています。
色は少し黒みのある銀色ですが、落ち着いた輝きがあります。
全体的にバランスが良く、正統派なペンダントという感じです。


※キリスト教にはカトリック、プロテスタント、東方正教会などのながれがありますが、ほとんど知られていない宗派に東方諸教会(Oriental Orthodoxy)に属するコプト教会(Coptic Church)やエチオピア正教会(Ethiopian Orthodox Church)があります。
コプト教はエジプト中心に広がり、エチオピア正教はエチオピア中心に広がりましたが、傘下に入ったりまた分離したりといった経緯があります。

ペンダントサイズ 約:
W4.7cm H7cm (バチカン含む),D0.2cm
バチカン内経0.5〜0.7cm
重さ:約18.8g
素材:ビンテージシルバー
原産国:エチオピア



▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。
http://colophon.jp/contact/

エチオピア歴 エチオピア正教とは (日本カレンダー暦文化振興協会 中牧弘允氏より抜粋)

エチオピア暦とグレゴリオ暦のもう一つのちがいは紀元に関するものです。
両者ともキリスト生誕紀元ですが、エチオピア暦では7年遅くなります。AD7年がキリストの生まれた年とされ、あたらしいミレニアムは2008年9月12日にむかえています。

エチオピア正教会はコプト教会とともにキリスト単性論を受け入れたことで知られています。単性論とは、父と子と聖霊の三位一体論ではなく、キリストの神であるとする宗派です。
そのためローマ・カトリック教会や東方正教会からは451年のカルケドン公会議で異端とみなされました。ただし、エチオピア正教会やコプト教会は単性論を自認しているわけではなく、非カルケドン派とよばれることもあります。

Reviews of this shop

twitterへリンク noteへリンク facebookへリンク Instagramへリンク